次元上昇する魔法の手帳2024(並木良和さん監修)の感想を語る

この記事は約9分で読めます。

こんにちは!並木良和先生が大好きな羽田です。

並木良和先生監修の手帳、「次元上昇する魔法の手帳2024」が発売されました!!

created by Rinker
¥2,500 (2024/07/21 20:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

来年の要点や感想、私が感じたワクワク感をお伝えしようと思います!!

この記事には、広告・プロモーション等含みます。

手帳のサイズ感や中身はこんな感じ!

大きさや薄さ、デザインは?

サイズは2023年版と同じ、A5サイズで、薄さは0.8㎝ほどでした!

裏返すと、今年はガラス玉の模様!!

2024年のテーマカラーの「藍色&ガラス玉」が、いい感じに相まって可愛いです♪

手帳の三つのテーマ

四角の中の六芒星ろくぼうせい

安定(四角)した流れの中で統合(六芒星)が進み、自分の望みをクリエイトする。

手帳のロゴに刻まれてておしゃれです。

藍色

宇宙の仲間と共同する意識を開花させるサポートをする。

ガラス玉

澄み切った画像が浄化を促し、滞った流れの解消をサポートする。

2024年のメインテーマは「リセット」!!

手帳の序盤で、並木先生から大切なメッセージが載っています。

大切だな…!!と思った要点はこんな感じでした!

2024年は想像を超えた人生の高みへのシフトを加速させる1年

・2024年の「リセット」は、これまでの「リセット」を踏まえた上で、今までの地求人としての在り方を根こそぎ「リセット」する流れになる。

・2024年は、これまでの地求人としての在り方、自分の日本人としての価値観を根こそぎ覆されるような体験を少なからずするようになる。

・2024年は、いよいよ自分が決めた道でベストを尽くすことになる。それは、2023年までに自分がどのような生き方を選択したかにかかっている。

・これからの5年間は(2028年まで)、2023年までにネガティブな周波数を徹底的に手放して、本当の自分と一致した生き方をした人ほど、飛躍した自分を生きられる豊かでパワフルな期間

2024年は崩壊&リセットがテーマって、ちょっと壮大で全く想像がつきませんよね。

でも、全く恐がることはなくて、むしろ目醒めを決めた者たちとっては、豊でパワフルな期間になっていくとのこと。

夢と希望しかないですね!!

この手帳を手にした人は、それがどんな形であれ、

「肉体を持ったままアセンションする」という難しい課題を選択した勇敢な魂の持ち主

というお墨付きもありました。

嬉しい!!

今後の流れを簡単にまとめてみる

地球人としての在り方をリセットする
今までの想像を遙かに超えた全く新しい生き方が始まる
流れに乗ることで、宇宙の後押しのエネルギーを受けて物事が驚くほどスムーズに展開するようになる
色々な激動を体験するも、自分軸と一致した生き方を決めている人にとってはスムーズな展開になっていくのでしょうね。

楽しみすぎます。

目醒めを決めた私たちがすべきこと

2024年を迎えるまでに、ネガティブな周波数は徹底的に手放すべし!

2023年までは、古い地球の在り方に決着をつけ、新しい地球に向けて準備を整えるエネルギーが強力に流れてきています。

だからこそ、2023年の間に、ネガティブな周波数は徹底的に手放しが大事だそうです。

2024年以降も手放せないわけではないですが、2023年ほど手放しにくい流れになるとのこと。

ネガティブだと思われる出来事をそこで終わりにしない

2023年の間は、

・人間関係
・物事が思い通りに進まないと感じる
・身体の不調
・感情のコントロールが難しいと感じる
このようなネガティブな体験に見舞われることが多々あるかもしれません。

ただこれは、次元上昇を促すエネルギーが、意識や細胞レベルで刻まれていた何世紀分ものネガティブな周波数を手放すべく浮上させてくれているのです。

だからこそ、ただ巻き込まれて終わりでなく、「手放す」ことで、周波数をあげ、波動を上げておくことが2024年以降は大切になります。

要は、

地球上では大変容な出来事が沢山起こるけど、目醒めを決めた私たちが、しっかり手放し&波動を上げることで、それすらも追い風になって、人生がスムーズに展開していく!!

ってことかなと感じました。

そのサポートをしてくれるのがこの手帳ですね!!

この手帳は、地球の大変容の移行のプロセスにおいて、自分のエネルギーを自在にコントロールできるようになることや、人や出来事からの影響を受けずに、自分のエネルギーを安定的に保てるように導きます。
(手帳より引用)

2024版の手帳には、2023年10月以降に大切なことは、月単位で刻まれています。

手帳を見ながら、日々を丁寧に大切に過ごしていきたいですね。

2024年の各月のテーマとは?

2023年はとことん重たい周波数を手放し、「飛翔」することがテーマでした。

では、2024年の「リセット」で大切なことは一体なんでしょうか。

1月…最高の未来の記憶を思い出す

2月…自分をプロテクトして前に進む

3月…豊かさのエネルギーを活性化する

4月…揺るがない土台を作る

5月…クリエイティビティを極める

6月…古い地球人としての在り方を脱皮する

7月…自分の中に調和を取り戻す

8月…未完了の思いと向き合う

9月…女性性を更に開花させる

10月…2025年のエネルギーを先取りする

11月…2024年のやり残しを軌道修正する

12月…2024年のゴールに到達する
 

毎月のテーマとワークで次元上昇!!

各月ごとにテーマと供に、それぞれに並木先生からのアドバイスが詳しく掲載されています。

次のページには、その月で特に重要なワークがイラスト付きで載っています。

月間スケジュールでスッキリ

スケジュールページは、かなりスッキリと見開き1ページ分のみ。

月曜始まりのマンスリースケジュール帳になっています。

正直、最初見た時は「もっと書くとこ欲しい」って思っていたんですけどね、この手帳になってからすごくシンプルにスケジュール管理できるようになりました。

何かものすごく書きたいことは、後ろにまとめてある「ノートページ」に書くだけで充分でした!
(見開きで10ページ分あります)

しかも、ノートページの隅っこの方には、「次元上昇する魔法の言葉」のような一言アドバイス付き!

ノートページは完全にフリースペースなので、統合のスタンスからのアドバイスとして

・「こうなりたい!」という理想や目標を書きだす
・モヤモヤを書きだす
・感謝できることを書きだす
・ワクワクすることを書きだす
・気になったことを書きだす
などを書くといいそうですよ!

まとめ

自分と一致した生き方ができるようになった

2023年版を使っている私の個人的感想ですが、この手帳をほぼ毎日のように開き、読んだりワークをすることで
自分と一致した生き方ができるようになったかも…!!
と感じることが増えました。

正直、手放しワーク意味あるの?って思っていたんですけど、
ネガティブな出来事が起こるたび、手放しワークを続けたことで
映し出されるモヤモヤのスクリーンが一枚ずつはがれていく感覚
を実感する機会が増えました。

私の中で一番大きく変わったのが…

・人間関係がかなり良好になった
・仕事で嫌なことがあってもスルーできるようになった。
・おかしなトラブルに巻き込まれない。
・自分のやりたいことを思い切りできる環境になった。

ネガティブオーラや波動を手放したことで、周りの環境が明らかに明るくなっていくような、そんな感覚です。

軽やかステップな毎日なので、10年前の自分と比較して、明らかに幸福度はけた違いだと感じています。

今は毎日、生きてることが楽しいです。

他のワークもしかりで、やるたびに自分の中のおもりがとれていくような、不思議な感覚になります。

それに伴い、映し出される現実も変わっていったように感じます。

身をもって手帳のありがたみを感じた1年だったので、2024年もがっつりとお世話になろうと思います。

これを読んでる皆さんも、次元上昇仲間ですよね!
楽しい2024年にしましょうね!!

並木先生の新刊情報

【予約受付中】次元上昇する「魔法の意識」の使い方111

2024年、3月19日頃発売予定!

魔法の言葉、魔法の習慣に続く次元上昇シリーズ第三弾です!
予約地点で売り切れになってしまうシリーズなので、見かけたその日に予約必須です!

created by Rinker
¥1,870 (2024/07/21 22:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

【予約受付中】満ち足りて暮らす!スピリチュアル

2024年1月31日頃に発売予定、「満ち足りて暮らす!スピリチュアル」が発売されます!

こちらは何度か出版が延期になりましたが…
その分、期待値も倍増の新刊です!

created by Rinker
きずな出版
¥1,650 (2024/07/21 22:38:28時点 Amazon調べ-詳細)
2024年1月27日現在の情報です。
更新情報が分かり次第、追記します。

詳しいマンスリーテーマとワークを載せた記事、随時更新します!

2024年が始まったので、マンスリーテーマとワークを月末に翌月分を更新していこうと思います。
(手帳を持っている人も持っていない人も、更にスマホで確認できればいいなと思いまして…)
2024年も、楽しく次元上昇していきましょう!(^O^)/

タイトルとURLをコピーしました