感想!マンガ並木良和の目醒めを読んでみたのでレビュー書いてみた

この記事は約5分で読めます。

こんにちは!
並木良和さん大好きな羽田です!

並木さんの本「マンガ 並木良和の目醒め」を読んだので、感想をアップしたいと思います!!


「マンガ 並木良和の目醒め」

この記事には、広告・プロモーション等含みます。

読んでみた感想

漫画なのであっという間に読めた

ワークのイメージがしやすかった

いつもは文字で説明されているさまざまなワークも、漫画で説明されているので、「イメージがしやすい!!」と真っ先に思いました。

漫画の合間には並木先生のメッセージ

漫画の合間合間に、並木先生からのメッセージがあります。
全てが漫画でなく、「漫画半分+文章半分」なので、文章派の方も満足いく1冊だと思います。

だいたい、漫画の合間に4~6ページくらいずつあります。

特に印象に残った部分を紹介

・目を醒ますのは「目の前にある辛い現実から逃げるため」ではなく、本来の自分で生きると決め、目醒め続けるにつれて、自然と現実が変わっていくということ。

・1度目を醒ましたら、もう二度寝はできない

・ネガティブな周波数を使い続けて「もう嫌だ、うんざりだ」と思う日がきて、そこで初めて「目醒め」を意識する。でもまたここからが困難の連続だったりする。

・やっとありのままのあなたを、この地球上で発揮するときがきた。もう周りに合わせようとしなくていい。

「嫌なことは、私を目醒めさせるために必要なことだったのね!」と前向きにもなれました。

並木さんの「目醒め」の過程が分かる

並木さんも「目醒め」のプロセスの間、人間関係や仕事のことで、とても悩み苦しんでいた時期があったようです。

「並木先生にもこんな時代があったんだ!!」
と思えたことは、本当に意外で大収穫でした。

人間関係に悩む、「この人、嫌い」と思ったことは並木さんにもあったのは本当に意外です。

その上で、どう乗り越えたのかのプロセスがとっても参考になりました。

この本を手にした人は「目覚め」のゲートを通過確定!?

本の最初に、「おめでとうございます」と大きめの文字で書かれているの嬉しすぎます。

そのあとに、

この本を手に取ったという事は、あなたは、目覚めのゲートを通過したということ。
あなたのその選択を、全宇宙が祝福しています。

とのこと!!!

今までずっと
「私って目醒めているのかな??」
と不安になることも多々あったので、この言葉だけで元気になれました。

まとめ

並木先生の半生を知ることで、並木先生がどう目醒めていったのか。

そして、並木先生と同じく、「目醒め」を選択した私たちが、今後どう在るべきなのか考えさせられる本でした。

初の漫画本なので、イメージするのが苦手な人、文字が苦手な人も読みやすい本だと感じました。

漫画の合間に並木先生のメッセージも散りばめられていて、文章派の人も満足いく1冊になると思います。

並木先生の新刊情報

【予約受付中】次元上昇する「魔法の意識」の使い方111

2024年、3月19日頃発売予定!

魔法の言葉、魔法の習慣に続く次元上昇シリーズ第三弾です!
予約地点で売り切れになってしまうシリーズなので、見かけたその日に予約必須です!

created by Rinker
¥1,870 (2024/07/21 22:38:27時点 楽天市場調べ-詳細)

【予約受付中】満ち足りて暮らす!スピリチュアル

2024年1月31日頃に発売予定、「満ち足りて暮らす!スピリチュアル」が発売されます!

こちらは何度か出版が延期になりましたが…
その分、期待値も倍増の新刊です!

created by Rinker
きずな出版
¥1,650 (2024/07/21 22:38:28時点 Amazon調べ-詳細)
2024年1月27日現在の情報です。
更新情報が分かり次第、追記します。

タイトルとURLをコピーしました