並木良和先生の本【全宇宙の大転換と人類の未来】要点と感想まとめてみた

この記事は約9分で読めます。

並木先生の本は手当たり次第読んでいるくらい好きなのですが、
全宇宙の大転換と人類の未来―2038年前後、集団アセンションが起こる! ―
「え?本当に現実世界でこれが起こるの?」と思うことが多かったです。

夢中で3回は読んだので、特に心に残った部分と感想を書きたいと思います!

並木良和先生のプロフィール

・スピリチュアルカウンセラー、作家
-------------------
・幼少期よりサイキック能力(霊能能力)を自覚
-------------------
・高校入学と同時に霊能力者に師事
-------------------
・整体師として働いたのち、スピリチュアルカウンセラーとして独立
-------------------
・現在は「愛と調和」を世界的に広めるニューリーダーとしてワークショップや講演会を開催
-------------------
・世界中で10000名以上のクライアントに指示されている
先生の幼少期や、どうやって目醒めていったのかなど、もっと掘り下げて知りたい方は、「並木良和の目醒め」もおもしろかったですよ!
漫画なのですぐ読み終わりました(^^)

「全宇宙の大転換と人類の未来」で印象に残った部分と感想

今の状況は想定内だった!?

今の状況が落ち着くのは2026~2028年頃!?

2038年(今から16年後)には、人類は「集団アセンション」をするのだそうです。

なんだか宗教みたいですが違いますからね。
宗教を信仰してようがしてまいが全員します。

アセンションって何ぞや?というと、「次元上昇」という意味です。
とりあえず、幸せと感じる人が増えるって解釈でOKかと思います。

今は色々な問題があぶりだされる時期。
地球の5次元化に向けて人類の意識は変化していっている過程なのです。

この混沌とした時代が終わりを迎えるのは、2026~2028年頃。
あと4~6年の辛抱ですね。
長っ!!(泣)

目醒めの波に乗りまくろう

ところで、自分が目醒めを選択できたのかって、かなり気になりませんか?

「目醒め」を選択できた人の特徴はというと…

・どこまでも発展し、目覚めていくような意識状態
ー----------------
・物事がスムーズに流れ始める
ー----------------
・自分にとって正しい道を選んでいると感じながら日々を生きることができる
ー----------------
・ただ存在しているだけで幸せを感じる

ここらへんを満たしている人は「目醒め」の波にのれているそうですよ!!
この調子で突き進みましょう!!

目覚めの波に乗れなかった人の特徴

逆に、目覚めの波に乗れなかった人の特徴はこれです。

・あきらめのような、先回りしていくような感覚
ー----------------
・閉塞感
ー----------------
・「この世はネガティブなことだらけ」「どうして私ばかり不幸なの?」「人生なんてどうせこんなもん」とう思いが湧く

これ、当てはまったら「病院に一度だけでいいから行こうぜ」と思うような精神状態な気もしますが…

いや、そもそもこんな精神状態の人はこのブログには辿り着かないか…。

次元上昇の過程

要注意!誰かと比べるとスピードダウンします。

目醒めを選択したいなら「誰かと比較する」という行動はNGだそうです!!

「あの人はお金持ちだからいいな」とか「レクサスに乗ってていいな」と思ったこと、私は何度もありますけどね(汗)

もし誰かと比べるクセがあったら、もう今日からやめときましょ。

目醒めがすすむごとに穏やかになる

ネガティブな感情がふと湧いて出てくる経験ってありますよね。

目醒めを選択できている魂の持ち主は、目醒めを加速化させるために、今まで魂の奥底に眠っていた「負の感情」が湧いて出てくる経験をするそうです。

例えば、
「あのクソ上司、あの時私をいじめやがって地獄に堕ちろ!!」とか急によぎるやつですね。
(口悪すぎてごめん)

これは、自分の性格が曲がっているとか、根に持つタイプとかではなく、今のうちにネガティブな感情を手放しておこう!!という魂からのサインだそうです。

手放しというのは、負の感情を持った自分を受け入れた上で、ネガティブな感情を自分の中から外していこうということ。

ちょっと難しいですね。
手放しのワークは、まんが「並木良和の目醒め」にイラストで解説されていたので、同時に読むと理解が深まります。
「なんだか最近、急に昔のことがよぎってイライラする」と思うことが多い人は、手放しのチャンス到来ですよ!

ネガティブな感情をうまく手放すことができると、その分おだやかな自分に生まれ変わっていくそうです。

高次存在たちからのメッセージ「2022年以降の地球社会」

似た者同士、同じ波長の仲間でコミュニティができやすい時代

自分に嘘をつくことができなくなってきます。
それを機に、似たもの同士のコミュニティができるようになります。

オタクであることを堂々と発揮できる時代の到来となります!ひゃっほー!!

趣味や価値観が同じ者同士で交流するって、最高に楽しいですからね。
今はSNSもあるので、簡単に全国の趣味仲間と交流ができるようになりましたよね。

家族の形態が変わっていく

家族の概念が変わるので、独身傾向は増えていくそうです。

籍は入れずに家族になったり、夫はいないけど子どもを持つなどですかね。

私の友人も「旦那いらないから子が欲しい」という女子がかなり多いです。
もう今までの「女子は結婚したら家を守る」という概念はぶっ壊れつつありますね。

これにより、少子化の傾向も増えていきますが、これは新しい地球にとっての最適化のプロセスであり、ネガティブなことではないようです。

副業率はますます増える

自分自身と一致する人が増えるので、副業をする人も増えてきます。
確かに、現代って空前の副業ブームですよね。

より自分のやりたいことが明確になると、副業を本業にする人も増えていきます。最高やな。

これまでの、自分と一致しない仕事を辞め「自営業」する人が増えます。

一つだけの仕事でなく、2~3つ以上かけもちをする人も多くなります。

今までの「完璧」を求められる時代が終わり、完璧でないが故の魅力が認められる時代になるのだそうです。
YouTubeなどがいい例かもしれませんね。

全体的な感想

「え?これって本当なの?」と思う話も沢山ありましたが、とっても楽しかったです!!
夢中で読んでしまいました。

宇宙人や地底人がいるとか…もうドラ〇ンボールの世界だけかと思ってましたが、全て現実にあるそうです!!
ここまでくると、第七宇宙とか本当にあるのかもしれませんね。

でも、どれもこれも信ぴょう性があるというか、不思議と「そうなんだ!!」と最後は納得して終わる部分が多かったです。

「並木先生が怪しい」と言う人の気持ちも分かります。
だって、普通の人間には感じ取れないことを宇宙から受信してるわけですからね。
フィクションぽく感じるのは当たり前かもしれません。

でも、とりあえず読んでみると、なんか自分の中の凝り固まった概念が変わった!!そんな気がしました。

この本に書かれている内容が、現実になっていく様子を目撃していけることが楽しみです。
長生きするぞー!!(^O^)

並木先生監修の2023年版の手帳が発売されました!

2023年のテーマは「飛翔」ということで、並木先生が高次の存在の方たちと打ち合わせして作った手帳が発売されました。

・月のテーマに沿った課題
・月ごとのワーク
・目覚めを加速するための手帳術など

コンパクトサイズにぎっしり要点が詰まった1冊でした!

↓感想はこちらの記事に載せてみたので、参考になれば嬉しいです(^^)

タイトルとURLをコピーしました